植毛法は進化している

植毛の世界は進化を続けています。
以前は人工毛の植え付けが一般的でしたが、それがいつしか自毛植毛がポピュラーになりました。

薄毛を気にする方にとって、その解決策として、毛を植え付けてすぐに薄毛を解消することができるのは画期的なことです。
もちろんカツラでも見た目には同じことです。
しかし自然な形にするためには、希望する箇所にだけ植毛をするのは、自身が薄毛だったことすらすることかできるすばらしい体験です。

しかし、人工毛の植毛は、頭皮に影響を与え、それが抜け落ちてしまうという打撃と人工毛に対する拒絶反応から、人工毛植毛の時代はあまり続くことなく、自毛を植毛して、そのまま発毛を期待するという素晴らしい技術革新が行なわれました。

見た目にも自分の毛ですから抵抗もなく、毛根が存在することで、そのまま発毛することになります。
薄毛の根本的な解決から、薄毛になれば、自毛を移植してしまう事で、何もかも解決ができるということです。
技術的にも器用な日本医師にかかればできないことではないのですが、幾つか難点がありました。

それは、移植をするためには、その部分の頭皮を大きく傷つけなくてはならないことでした。
自毛を1本1本取るのではなく、頭皮を切らなくてはならないことで、どこの毛でも良いものではなく、そして傷が残る事で、自毛植毛後のヘアスタイルなどを気にしなくてはならないことになります。
そして、現在頭皮に傷をつけることなく、毛根をくり抜く方法の植毛ができるようになりました。
新しい技術革新が始まりました。



Copyright © 2014 新しい植毛法 All Rights Reserved.